kscc

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

rootedで変わる世界


『スマートフォンを持ったらまずrooted!』と言わんばかりにrootedが当たり前になっている気がします。

まぁ気になっているだけで実際やっている人は少ないと思いますが
とりあえず簡単にできて危険性も少ない魅惑のrootedのお話です。
そもそもrootedとは

携帯電話はドコモとかソフトバンクといういわゆるキャリアの“ルール”に従って使用しなければなりません。

そのルールを破って使用してやろうというのがrootedです。

もちろんルールを破っているので各キャリアの保証が無くなります。

壊れても自己責任になるリスクはあります。

ちなみにルート奪取やルート化
iPhoneでは脱獄という言い方がありますが
やってる事は全て同じです。


rootedでできる事

rootedの魅力はその拡張性です。

日本ではほぼ規制されているテザリングはもちろん
カメラのシャッター音をオフにしたりクロック数を制御したり
公式にリリースされていないOSやFWのバージョンを上げたりできる場合もあります。


危険性

rootedするときの危険性は皆無と言っていいほどありませんが
rootedしてからの危険性はあります。

rootedする事で本体のシステムファイルを書き換える事が可能になりますので
書き換えを失敗したり誤って削除したりすると端末が起動しなくなる場合があります。

いわゆる“文鎮化”ってやつです。

もし文鎮化してしまった時は諦めて高価な文鎮として楽しむか
冷静に正しい知識と判断力で復活させてやってください。


ガラケーと言われる日本独自の携帯電話ではなくスマートフォンを使用している人も多くなりました。

rootedを推奨するワケではありませんが
より快適に使用できるようにデバイスの環境を整えるのもスマートフォンにしかできない楽しさだと思います。

今スマートフォンを使っている人も今からスマートフォンを使おうと思っている人も
rootedに挑戦してみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト