kscc

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Androidに潜む黒い罠。意外に怖い携帯電話のセキュリティについて


10月22日オンエアのめざましどようびにて
スマートフォンのセキュリティについての特集があったので観てたのですが
予防方法などの紹介がなかったので書いてみます。
というのもその特集で『ウイルスに感染してねーかスキャンしてみようぜ!』というのがあったので
ぼくも携帯電話片手に挑戦したら



あらヤダ。

という感じでまんまと感染してたのです。

というワケで
どうぞ。

マーケットにないアプリのインストール

まぁマーケットにあるアプリが100%安全かって言ったらイエスではないのですが
xda-developersなどで怪しめのサードパーティーアプリをインストールするときには注意しましょう。

アプリをインストールするときにはアクセス許可の警告が必ず出ますので
それは必ず確認します。



天気予報なのに個人情報を使おうとしていたり
電卓なのにSMSの送受信やGPSを利用する警告が出る場合は明らかにおかしいですので
インストールするのをやめたほうが良いかもしれません。


バッテリーの減りが異常

GPSを利用したり過度の通信を行うマルウェアがあります。

それに感染している場合は明らかにバッテリーの減りが多くなりますので
普段よりバッテリーの減りが多くなってきたかな?気のせいかな?と感じた場合はすぐにファイルをスキャンしましょう。


rootedしている端末は注意です

もしマルウェアによって多額の請求をされたりカードの情報を利用される場合があったとしても
rootedをしている端末では自己責任になりかねません。

少しでもおかしいと感じた場合は
2Gに切り替えるなどして通信を全てシャットダウンしてから初期化することをおすすめします。


被害者は自分だけではない

ウイルスに感染したとしても被害者は自分だけじゃないかもしれません。

自分の気付かない間に添付ファイルにプログラムが付加され
友達の端末にも感染させる場合があります。

定期的なファイルスキャンを心掛けましょう。


というワケで
自分のことは棚に上げて注意喚起みたいになりましたが
PCとは違いまだセキュリティに関しては発展途上な携帯電話です。

予防は確実に行いましょう。

壊れてからじゃ遅いですからね。

携帯電話じゃなく友人関係が。
スポンサーサイト