kscc

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

HTMLからXHTMLへ。そしてHTML5ができるまで


最近では中学校でもHTMLの勉強をしたりするそうですが
そのHTMLの歴史を少し知りたくないですか?

最近HTMLを勉強し始めた方にお送りする
HTML5までの道です。
HTMLってすごい

HTMLが最初にできたのは忘れましたが
ずいぶん前のことです。

アメリカの誰かさんと誰かさんが作って
それを見るためのMosaicというブラウザが開発されました。

最初は文字と画像を表示するだけのものだったんですけど
それだけで画期的なことだったんですよ。


時代を作ったHTML4.01

今のインターネットがあるのはHTML4.01があったからと言っても過言ではありません。

たぶん。

HTML4.01は自由度が高かったので
frame要素を使ったDTDなんかもありました。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN"
     "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">

廃止されましたけど。

HTMLやCSSを勧告しているW3Cは『とにかくデザインはCSSでやってくれ。いやマジで』と言っていたので
今までHTMLだけでデザインしていた人もCSSでデザインをするようになりました。

HTML4.01が標準となった頃はCSSも2.0くらいだったので
ブラウザも対応して何もかも充実していたのではないでしょうか。

デザインもウェブサイトに必要だと認識させた
とても素敵なバージョンでした。


意外な落とし穴

HTML4.01は4.0からの移行も簡単だったので
有名なウェブサイトが次々と採用していきました。

けどその中身は
本来は表を作るためのtable要素がレイアウトに使われていたり
未だにHTMLでデザインを行なっているサイトも多々ありました。

自由度が増しすぎて
“自分なりのコーディング”をする人たちが増えたのです。

それが弊害となっていきます。

強引に登場したXHTML

そんなこんなで月日は流れ
HTMLにXMLの拡張性を持たせたXHTMLが登場し
なおかつここでW3Cはマークアップのルールを1本化しようと考えました。

その内容はだいたいこんな感じです。

  • タグは全て閉じる。img要素などの閉じタグがないタグでも閉じなきゃダメ。
  • フォントのみに使えるfont要素など固有の要素の廃止。
  • 属性値以外は全て小文字で書く。
  • 文字は直接書けない。
  • などなど…。

<!-- HTML4.01の場合 -->
<Div><Img Src="sample.jpg"></Div>

例えばimg要素にはalt属性が必須になっています。

<!-- XHTML1.0の場合 -->
<div><img src="sample.jpg" alt="サンプル画像" width="320" height="240" /></div>

とにかく細かいルールを決めることで統一化され
よりシンプルなコーディングが可能になっていきました。

今まで“自分なりのコーディング”をする人たちがいなくなり一件落着。

とはいきませんでした。

人生そんなに甘くない。


ようやく登場したHTML5

XHTMLが登場しても
HTML4.01で不自由していない人がいっぱいいました。

だってどのブラウザを使ってもちゃんと見えるしぃー。
リメイクする予定もないしぃー。
対応させる時間もお金もないしー。

といった感じで。

これは盲点でしたね。

まさかHTML4.01を使い続ける人がいるなんてね。

W3Cもこれには気づきませんでした。

W3Cってうっかりさんなんです。

ってバカ!

気づくっしょ。ふつう気づくっしょ。

『明日から禁煙しようぜ』って言って
翌日誰もしてないみたいな。

やっちまった感ありますよね。

混乱を回避しようとしたら余計混乱したという。

ミイラ取りがミイラ取りになったみたいな。ね。

まぁそこでHTML5が登場するのですね。

今までは

<!-- HTML4.01の場合 -->
<div id="header">へっだー</div>



<!-- XHTML1.0の場合 -->
<div id="header">へっだー</div>

と表記していましたが
HTML5で追加されたheader要素を使うと

<!-- HTML5の場合 -->
<header>へっだー</header>

とできるようになりました。

なんと分かりやすい。

HTML4.01のまま移行も簡単なニューバージョンです。

タグを閉じなくてもいいし大文字で書いても大丈夫。

じゃあ最初からそれにしとけばよかったじゃん的バージョン。

今からどうなっていくかはわからないですけど
そんな歴史があったりするのです。

HTMLって面白いね。

語弊があるとアレなんで言っておきますけど
XHTMLとHTMLは別のものなので
どちらが良くてどちらが悪いとかありませんよ。
スポンサーサイト